医療統計学:2人の仕事の効率

統計学セミナー

医療統計学:2人の仕事の効率

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

2人の仕事の効率

 

             

 

パソコンや携帯端末が普及したことで、さまざまなデータをデジタル化して管理することが今や常識になっています。

 

大量にファイリングされた紙の書類はそのままではかさばってしまいますので、スキャンしてデジタル化して保管する会社も増えてきています。

 

ただ、大量の書類をデータ化するのにも時間と手間がかかります。

 

そこで、一気に終わらせるためにAさんとBさんの2人に集中してやってもらうことになりました。

 

ちなみに、以前、5年分の書類のスキャンをAさんにお願いしたところ5日間かかり、Bさんは4日間かかっています。

 

では、2人で同時に5年分の書類をデータ化するには、どれくらいの時間がかかるでしょうか。

 

この作業時間は、「1÷(Aさんのかかった時間量+Bさんのかかった時間量)」という計算で求めることができます。

 

全体の仕事量を1とすると、1日でこなすことができる仕事量は、Aさんは全体の1/5、一方のBさんは1/4になります。

 

これを合算して2人が1日でできる仕事量を求め、この値で全体の仕事量を割ると、「1÷(1/5+1/4)」となります。

 

2人同時に作業をすれば、2日と少しで終えることができることがわかります。

 

さすがに2人でやれば随分と短縮できるのです。

 

もし作業時間が決められているような仕事の場合に、こうすれば必要な人員を見積もることもできるので試してみましょう。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ