医療統計学:な行

統計学セミナー

医療統計学:な行

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

NNT

 

NNT(エヌエヌティー、英 Number needed to treat の頭字語)は、疫学の指標の一つである。あるエンドポイントに到達する患者を1人減らすために、何人の患者の治療を必要とするかを表したものである。 この数値は絶対リスク減少率 (absolute risk reduction) の逆数となる。1988年にはじめて論文に記載された。

 

例えば、大腸癌のリスクを半分にする架空の薬剤があるとする。大腸癌の発症危険性を5年間で3000分の1とする。この場合、5年間治療を継続した場合のNNTは6000になる。すなわち、この薬で6000人を治療することで、大腸癌になる人の数は1人減る(2人から1人になるため)ことが想定される。
一般に、NNTは2種の治療「A」と「B」に基づいて計算される。ここで「A」は薬剤治療(上記の例では架空の薬剤での5年間の治療)、「B」はプラセボ(偽薬)(上記の例では治療を行わなかったとする仮定)である。NNTを述べる際には、エンドポイントが定義され明示される必要がある(上記の例では、5年間の大腸癌の発症)。もしpA(Aの治療時のエンドポイント発生確率)とpB(Bの治療時のエンドポイント発生確率)がわかっていれば、NNTは1/(pB-pA)で求めることができる。

 

NNTは薬剤経済学において重要な指標である。もし、臨床的エンドポイントが死亡や、心筋梗塞の様な重大疾患であれば、NNTが高い薬剤であっても状況によって使われることはありうる。それに対し、エンドポイントが重大なものでなければ、(特にアメリカ合衆国のように民間医療保険が発達している国では)NNTの高い薬に対する支払い請求を保険会社が拒否することも起こりうる。


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ