医療統計学をわかりやすく解説

統計学セミナー

医療統計学:ビッグデータと出会い系

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載


ビッグデータと出会い系

 

ビッグデータはリアルで人間くさい私たちの心の中を語りだします。

 

あなたはどのような内容を想像して、ビッグデータを考えますか。

 

ビッグデータの現実を描く書籍でしょうか。

 

出会い系サイトの本ということで、男女関係にまつわる話を赤裸々に語る本を想像する人から、現代の風俗やインターネット上の交流に関する社会学的な解説を楽しみたいという人もいるでしょう。

 

ビッグデータの舞台としては、Okキューピットがあります。

 

Okキューピットは2004年に開設された大手出会いサイトで、11年にインタラクティブに5000万ドルで買収されました。

 

IAC傘下のマッチ・グループはOkキューピットのほか、マッチ・ドットコムや100億組以上のカップルを成立させたという実績を擁し、2015年には米国の出会い系市場の約22%を占めています。

 

出会い系というと日本ではマイナスのイメージが強いですが、オンラインでデートの相手をみつけ、交際や結婚に発展することは、欧米ではそれほど特別視されていないようです。

 

多くの人が、恋愛の機会の一つとして気軽に利用しているようです。

 

サイトにもさまざまな種類があり、若者が中心の気軽な出会いアプリや、婚活専門のサイトもあれば、最近話題になったアシュレイ・マジソンのようないわゆる「不倫サイト」もあります。

 

その中でOkキューピットは「アルゴリズムによるマッチング機能」「誰でも歓迎」「無料」をモットーに、1000万人以上のユーザーを集めています。

 

アクティブユーザーは月間400万人。毎日300組のカップルが誕生しているといわれています。


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ