医療統計学:用語集や行

統計学セミナー

医療統計学:用語集や行

 

しや圓
?薬物相互作用d「ug interaction
第2の薬の存在による元の薬の効果の変化,このようなt交互作用はい ろいろな複雑な生理的条件で起こる.
ゆ_
_ 有意差検定 significance test
観測値に適用すれば,ある仮説に関するP値を求めることができる統計 的な方法.たとえば,fスチューデントの!?検定,1之検定,,ウィルコク ソンの符号付き順位検定など.
國有意水準 significance level
帰無仮説が正しいときに,帰無仮説を棄却する確率?慣例的に0.05に 設定される.
圓有意でない調査negative study
統計的に有意な結果の出ない調査.
圏有害事象adverse event
医学研究とくにf臨床試験中に患者が経験した好ましくない結果.これ らは便秘のような軽いものから,心臓発作のようにきわめて重篤なもの まである.
_ 有限混合分布 finite mixture disfribulion
いくつかの確率分布の線形関数で与えられる確率分布.この種の分布を 用いた例がカール,ピアソンによって報告されている■彼はある特殊な 力ニについての計測値を2つの正規分布の加重和でモデル化した.この ような分布は,医学分野の例でいうと異なる診断群など,母集団が違う
種類のグループから構成されていると考えられる場合のモデル化に重要 である.図71は,統合失調症の2段階発症理論の根拠を評価するため, 統合失調症の発症年齢についてのデータを男女別にとり,単一正規分布 と2つの正規分布からなる有限混合分布をそれぞれ肖てはめたものであ る.
?顧^?一

solos0 3 oso 00ffl-G9Dd'r'0 so 0°
??2つの要素からなる混合分布の当てはめ 単一正規分布の当てはめ

 

10 20 30 40 50 60
女性の統合失調症の発症年齢

 

男性の統合失調症の発症年齢
統合失調症発症年齢データのヒストグラムと2つの正規 分布からなる有限?合分布の当てはめU:.図:女性,下 図:男性).
? Everitt, Landau, S. and Leese, M.T 200 Cluster Analysis, 4th edn, Arnold, London*
_ 有限母集団 finite population 有限の大きさの母集団.
圍有限母集団修正finite population correction
大きさTVのf有限母集団から重複抽出を行わないでw個の標本を得て分 散を計算する場合の補正.(iV - w)/(TV"-1)が修正項となる.
? Lc^vy, P,S. and Lemeshow, S.,1991 Sampling of Populations: Methods and Applications, J. Wiley & Sons, New York.
_有効期間shdf life =使用期間
圍有効サンプルサイズeffective sample size =実効サンプルサイズ ■有効性efficacy
全員が無作為割り付けによって割り当てられた治療基準を遵守している という理想的な条件下でのコントロールに対する治療の効果.
画尤度 likelihood
あるモデルを仮定したときに実際に観測したデータとなる確率.尤度関 数は1最尤推定法の某礎である.
Clayton, D.G. and Hills. M.,1993, Statistical Models in Epidemiology, Oxford University Press, Oxford.
■尤度比 Ihkelihood ratio
2つの異なるモデルのFでのデ一夕の尤度の比.この2つのモデルを比 較する検定の根拠として利用される.
_尤度比検定likelihood ratio test

あるデータに対して競合する2つのモデルを比較するための検定.検定 統計量は2つのモデルの尤度の比の対数の-2倍である.2つのモデル が冏じようにデータに適合するという仮説のもとで,この統計量は2つ のモデルの母数の個数の差を自由度とする分布に近似的に従う. ?デビアンス
^ Clayton, D*G. and Hills, 1993, Statistical Models in Epidemiology, Oxford University Press, Oxford,
_有病者数p「evalence
ある特定の集h寸』である時刻に,ある病気または病態の人のヘ(点有病者 数または瞬間有病者数),またはある特定の期間のどこかの時乂で病気 であったことがわかっている人の総数(期間有病者数).以下は,いろ いろな国における若年層(15?24歳)のHIVのパーセント有病率であ る.
ガーナ:女性2.4,男性0.8 ヶニヤ:女性11.1,男性4.3 タイ:女性1.5,男性0.5
(訳者注:prevalenceはprevalence rateと?じように有病率を表す用語 として使用されることも少なくないので,どちらを指しているか注意す る必要がある.)?発病率
鬮有病症例prevalent case
ある母集げjで所与の時刻に生存している,ある病気または病態の被験 者.
_有病数prevalence =有病者数
圖有病率 prevalence rate
ある病気または病態の人の割合,つまりf有病数を病気にかかるリスク がある集団の総人数で割った値.
画床効果floo「effect畤天井効果 酬雪だるま式標本抽出法snowball sampling
稀なまたは発姑が困難な集間を探すためによく使われる,調査標本の抽 出方法.通常,次の2つの段階からなる.
?ある特性をもった調査回答者の標本を…組見つける ?そのメンバーに他の可能性のあるメンバーの名前を提供するよう求 める.
たとえば,ヘロイン中毒患者の標本抽出の場合,見つけた中毒患者にそ の患者が知っている他の患者の名前を質問する.この方法は比較的コス トがかからず,また発見が困難な個体を見つけるのに有効であるが,得 られた標本についての統計学的な性質はほとんど解明されていない.
? Sociological Methods and Research,1981,10,141-63.

_ ユニバース universe
「母集凹(population)」の代わりに使われる用語だがあまり使われない. ?母集明
■揺らしjittering =ジッタリング
hよh
■要因計画 factotial designs
iつの実験で複数の要因を検討できるようにした実験方法.農業や工業 分野の研究で長年使用されてきたが,医学分野ではごくたまにしか用い られない.もっとも簡単な要因計画は,2つの処理または介入がそれぞ れあり,なしのいずれかの場合で,したがって実:験対象は4つの群に分 割される.すなわち,処理なし,第1の処理のみ,第2の処理のみ,お
よび両方の処理を行った4群である.このような実験により,要因間に おいて可能なすべてのt交互作用を検討することができる,
^ Cancer Treatment Reports,1985, 69,1055 63.
?養子研究adoption studies
血のつながりのない両親によって育てられた被験者を使った研究.この 研究は人間や動物の特性における遺伝的変異の評価に卓越した役割を果 たしてきた.たとえば,環境が火きな影響を及ぼすものであれば,同じ 家族内で背てられた兄弟は別々に育てられた兄弟よりもよく似るはずで ある.
Fuller, J.L. and Thompson, W.R., 1978, Foundations of Behavior Genetics, Mosby, St Louis, MO.
画陽性的中度positive predicthve value =陽性的中率 國腸性的中率 positive predictive value
ある病気のt診断テストで陽性だった人が,本当にその病気である稀率. ?陰性的中率
_陽性予測値positive predlchive value =陽性的中率 圓様相facets?一般化可能性理論 画用量設定試験dose-ranginghrial
安全かつ有効な新しい化合物の投与量の範囲を確認するための1臨床試 験.ここで有効というのは,期待される薬理学的効果が観察されること を意味している.臨床的な有効性はこの段階では問題とされないのが普 通である.もっとも普通には,対象の1群にプラセボが投与され,他の 群に異なった量の実薬が投与される並行用量反応試験である.
? Controlled Clinical Trials,1995,16, 319^30.

画用量漸増試験 titration study
患者が現在の投与量で十分な反応を示さず,かつ許容不可能な副作用を これまで示さなかった場合に,あらかじめ決められた一連の規則に則っ て,より高い投与量を試す試験.反応の定義は通常,たとえば血圧が一 定のレベルより下がるなど,客観的な生理学的な計測値に基づく.この ような試験は,たとえばある薬がある投与量でがんの痛みを適切に治療 できるかを調べるために使うことができる.
Journal of Human Hypertension, 2001,157 475-80.
圓用量-反応関係 dose-response「elaHonship
薬の投与量あるいは曝露のレベルと,個人あるいは集I甘hにおける結果の 大きさあるいは確率との間の関係.曝露の増加に伴って,病気のリスク が増加することは,しばしば曝露とリスクの因果関係の指標として考え られる.たとえば,肺がんのリスクが毎日の喫?本数および喫煙期間と ともに増加するという観察は,肺がんの原閃として喫煙を認定するにあ たってかなり重要である(図72をみよ).
Finney, DJ,,1978, Statistical Methods in Biological Assay, 3rd edn, Arnold, London,

 

12 3 4
非喫煙 わずか(1?14/日)中程度(15?25/日)多量(25+/日)

 

抑制変数 suppressor variables
回帰分析の変数で従属変数とは相関がないが,他の説明変数と相関があ ることからf里相関係数の値を大きくする効果のある変数.この変数は, 従属変数の予測に関係のない分散を抑える.
? Loed? F.M+ and Novick, M.R,,1968, Statistical Theories of Mental Test Scores, Adclison-Wesley, Reading, MA,
■浴槽型ハザ一ドbafhtub hazard
人の死亡の発生に関するV、ザ一ド関数の形,生後I年間は比較的高く, かなり急速に最小値まで低下したのち,45?50歳くらいから再び上昇 を始める,この曲線を図73に示した.

 

図73人の死亡の浴槽型ハザ一ド.

 

醒横座標abscissa
グラフの横座標軸Oc軸).その軸の特定の点.
_予後スコアリンクシステム prognostic scoring system
いろいろな危険因子に含まれる予後の情報を,各患者の病気のリスクを もっともよく予測するよう統合する方法.多くの場合,スコアの線形関 数が用いられ,重みにはたとえばtロジステイック?帰から得られた? が用いられる.このような予測式の例としては,英国24都市で?施さ れた心疾患に関する治験(British Regional Heart Study)によって開発 された,40?59歳の男性が今後5年間に虚血性心疾患(IHD)にかか るリスクを予測する方法があり,次のような式で与えられる.
51x血清総コレステロール(mmol//)
+ 5 x喫煙総時問(年)
+ 3 x収縮期血圧(mmHg)
+100 (もし,狭心症の症状があれば)
+1.70 (もし,IHDと診断されたことがあれば)
+ 50 (もし,両親のどちらかが心臓の病気で亡くなっていれば)
+ 95 (もし,糖尿病なら)
^ Intensive Care Medicine, 2002, 28, 341-5L ■予後生存モデルprognoshic survival model
フォローアップ開始時の情報に某づいて行う,生存予後の数量化.
^ Statistics in Medicine, 2000,19? 3401-15.
_ 予後変数 pfognosfic variables
医学研究で,説明変数の同義語としてよく使われる,?説明変数

_ 予測@ forecast A prohectjon
ある事象またはプロセスに関して,既知の時間変化パターンを外? することにより,将来何が起こるかを予想すること.
Journal of Business and Economic Statistics,1993,li;121-44.
将来の傾向について,一連の仮説から導かれる数値的な結果.
?予測変数p「edictoi" vatiables =説明変数
■予備調査pilot study =バイロット調登 _予防可能な割合preventabhefracfion
病気の予防に対するある介入の効果を評価するときに使うことができる 指標.この指標は,その集団に介人を行わなかった場合に余分に発病し たと考えられる人の割合で与えられる.?寄与危:険度
American Jfmrnal of Epidemiology,1974:,99,325_32.
_ 予防試験 prevention trhakprophybctlc trials
健康な被験者が病気になるのを防止する治療法を検定するためにデザイ ンされたt臨床試験.このような試験の初期の例としては,1940年代の 百日咳のいろいろなワクチンに対する試験がある. k Controlled Clinical Trialsy 1990, II7 129-46+
圏余命損失年数future years of life lost
ある集団の死亡数に関するデータを表す方法の一つで,死亡時の年齢と f平均余命の差を用いる.
Alderson, MA,1983, ,4^ Introduction to Epidemiology, Macmillan, London,
_世論調査 opinion survey
ある特定の話題について,ある集?の成員の意見を調べることを目的と した調査.有名な例としては,性行動に関するキンゼ一報苦がある. ?標本質問調査
^ Trends in Neurosciences, 2002, 25,166 -1.

?ヨンクヒ一ル-タプストラの検定」onckheere-Te「pst「atest
行,列いずれの属性とも自然な順序をもつf分割表において,独立性の 帰無仮説をある特定の対立仮説に対して検定する方法の一つ.たとえば, f個の行が薬剤治療での用量を大きさの順に並べたものを表し,C個の 列が反応を大きさの順に並べたものだとする.この場合の興味の中心は 行と列の独立性からのずれの度合い,すなわち用量が多い場合の反応の 方が,用量が少ない場合の反応よりも大きいかどうかという点であろう. ?線形-線形連関検定
? Fisher, L.D. and Van Belle, G.,1993, Biostatisiics, J* Wiley & Sons, New York 國ヨンクヒ一ルのゐ標本検定Jonckheere、ん-sample test
々個の母集Rの位置パラメータが等しいという帰無仮説を,それらが順 序づけられているというf対立仮説に対して検定するf分布によらない方 法.
k Lt^hman, E.L.,1975, Nonpammetric Statistical Methods Based on Ranks, Holden-Day, San Francisco.


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ