医療統計学:ネットビジネスで成功するには

統計学セミナー

医療統計学:ネットビジネスで成功するには

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

ネットビジネスは、誰でも2万円程度の低予算からはじめられるビジネスです。わたしの場合、シリウスというソフトを1万7千円位で購入し、あとはサーバーとドメイン代などを3千円程度で購入しました。つまり2万円もあれば十分実現できます。また、月数百万円稼いでいる人もいるのも事実です。失敗したとしても、2万円の損で済みます。極論を言えば何をやっても得るものはあっても失うものはほとんどない。これほど低リスク高リターンのビジネスは他にあるでしょうか。リアルビジネスでは何千万と損する場合もあるのですよ。

 

やり方は私が指導します。まずは気軽にランディングページにメールアドレスとお名前を登録してみてください。必ず返事します。

 

失敗しても確かにリスクはありません。しかし、ネットビジネスに関心のある多くの人は、毎月5万円程度のお金でも本業以外で欲しいと思っているはずです。ネットビジネスを本業にしたい人なら、5万円どころか、50万円は最低欲しいと思うでしょう。自分の置かれている現実と向き合ってみれば、多かれ少なかれ、「お金が欲しい」という正直な気持ちがあって当然です。どうせ時間を割いて行うのであれば、成功したいものです。
ではネットビジネス成功するには何が必要なのか、それについて考えてみましょう。

 

 

先ずは気軽に5分行動してみる

 

行動心理学では、「作業興奮」という理論があります。掃除などの面倒臭い作業でも、5分行ってみるとだんだん楽しくなって長時間行うことができます。その最初の5分を、なるべく簡単におこすことが大切です。ブログを書くにしても何にしても、先ずは気軽に5分行動してみることです。

 

 

先ずは小さな成果を出す

 

ネットビジネスでは、数千円でもいいから先ずは自分の力で収益を得る体験をすることが大切です。会社などに頼らず、自分の力だけでお金を稼ぐことは素晴らしいことです。先ずは1カ月後、グーグルアドセンスで1000円でもいいので小さな成果を出しましょう。そうすればビジネスが勝手に楽しくなり、もっと頑張ろうという気持ちになります。

 

 

好きであることが大切

 

ネットビジネスでは、まず何より好きな分野を選ぶことが大切です。でなければ長続きしません。私はもう50になりますが、20代のころから統計学が大好きでした。だからまずこの分野を選びました。

 

 

達成するぞという気持ちが大切

 

モチベーションを維持するために重要なのは、「達成意欲」です。人には多かれ少なかれ、達成意欲があります。会社でも、1つのプロジェクトを達成し成果を上げると、それなりの満足感が得られます。苦労があればあるほど、その喜びは何ものにも代えがたいものです。中途半端ではいけません。何が何でも達成するぞ、という情熱が何より大切です。

 

どうすれば壁を乗り越えられるかを考える

 

サイトを立ち上げたら、どうすれば他人の興味を引く文章を書けるようになるか、どう工夫すればアクセスが集められるか、を考えながらサイトを育てていくことが大切です。考えるだけでなく、実際に自分の書いた文章をアップし、なかなかアクセスが集まらないという経験も最初のステップでは必要かもしれません。先ずは駄文でもいいので自分の書いた文章をアップし、少しずつ反応をみながら修正したり追加したりしていけば、次第に質の良い巨大サイトが出来てきます。

 

 

ネットビジネスでは必死に働くことが必要

 

ネットビジネスは、趣味として1日1時間ずつ、楽に実行すれば、10年後には成果が出るかもしれません。しかし、半年とか1年で成果を出すためには、必死に働くことが必要です。それも、平日は1日4時間、土日はフル稼働で半年とか続ける必要があります。また、最初の1〜2カ月はアクセスが集まりません。コンテンツも少ないですし検索エンジンも上位表示が難しいです。ここを耐え、とにかく「コンテンツを増やす」ことに専念することです。この期間は結果が出たとしても数千円です。ほとんど無償労働です。すごく辛い期間ですが、夢中になれば1〜2カ月なんてすぐです。明るい未来への登竜門と思って頑張ってください。

 

 

テーマ選びが大切

 

ネットビジネスで大事なのはテーマ選びですが、なるべく人が手をつけていないニッチなテーマで、かつ世の中の役に立つようなテーマを選びましょう。私はたまたま自分の好きな医療統計学の分野がニッチだったために、運よく着々と成果を得ることが出来ています。例えば、ダイエットの分野とか、アフィリエイトで稼ぐための情報商材を紹介する、という分野は、すでに競争が激化して参入が難しいです。また、アフィリエイトで簡単に稼げる、といった謳い文句も、少しネットビジネスを行ったことのある人なら、ウソであることがわかります。実際これらの分野は競争がとても激しく、よほどのオリジナリティーを発揮しなければアクセスは集まりません。人を惹きつけるような内容のブログを書けるようになるのは、生まれつきの天才なら確かに簡単に出来るのかもしれませんが、普通の人では相当の努力が必要になります。

 

異質の情報を組み合わせる

 

例えば、都内の良い飲食店を紹介するサイト、といったらありふれていて競争が激しいので参入は難しいです。しかし、「山手線沿線の良い飲食店を紹介するサイト」としたらどうでしょう。山手線で通勤するサラリーマンであれば、このサイトのぞいてみたい、という気になりませんか。テーマの組み合わせパターンは無限にあります。こう考えると、ネットビジネスのチャンスって腐るほどある、と思えませんか。
私が統計学でなく、医療統計学の分野を選んだ理由もそこにあります。

 

 

自分の特技を活かす

 

どんなテーマにしても、自分の得意なテーマ、ジャンルを活かすことが成功への近道です。そもそも、そのテーマが好きだからこれまでも仕事や趣味で扱ってきたわけですから、その点で全くの素人より一歩も二歩も抜きんでているわけです。逆に新しいテーマで始めようと思ったら、それなりの勉強が必要になります。そのテーマが自分の今最大の関心事であれば、それをテーマにしても良いですが、時間がかかるという意味ではあまりお勧めはしません。すくなくとも、自分の専門知識や趣味、生活になじみのある、あるいは奥さんや家族になじみのあるテーマを最初は選んだ方が良いと思います。

 

 

ネットビジネスにはそもそも失敗という概念がない

 

ネットビジネスでは、リアルビジネルのように多額の借金をする必要がありません。成果が出ないことを失敗というのであれば、逆に「それをしたら成功できない」ということを学ぶことができますので、そもそも失敗という概念はないと考えましょう。情報商材のアフィリエイトは参入が難しいという話をしましたが、私の話が信用できないのであれば一度やってみて失敗してみることです。それにより成功できない理由を肌で知ることは貴重な経験になるかもしれません。また、失敗の原因が選んだテーマの悪さにあった場合でも、失敗と引き換えにテーマ選びの重要性がわかるとともに、取り組んだテーマの知識や文章力が向上するのです。何をやっても、いいことずくめではありませんか。こんな理想的なビジネスは滅多にありませんよ。
一番いけないのは、いいことずくめなのが分かっていながら、何も行動しない、あるいは少し行動してもお金が稼げないので諦めてしまうことです。これでは損はしないにしても、せっかくのビジネスチャンスを失うことになります。このビジネルの真の競合は己自身にあると考えましょう。

 

 

ネットビジネスでは文章力が大事

 

ネットビジネスで成功するには、ウェブのデザインのセンスとかITの知識なども多少必要ですが、これらは少し勉強すれば身につくことです。最近では、HTMLやCSSの知識がなくても、簡単にウェブを作成できるソフトがありますので、ここのハードルはそれほど高くありません。
むしろ大変なのは、人を惹きつける文章を書く能力です。成功している人を見ていても、皆例外なく文章がうまいです。小説のような文章という意味ではなく、人を説得させる文章のうまさがあります。
文章力の基礎力をつけるのは、それほど難しいことではありません。毎日コツコツ努力していれば、これも自然と身についていきます。先ずは駄文でもいいので、どんどん書いていくことです。そしてこれを継続することが大切です。一日3記事を毎日欠かさず書き、土日で20記事を書く、くらいのペースで考えましょう。段々うまくなっていきます。

 

 

どんな文章が人を惹きつける文章か

 

たとえば、「昨日レストランAでハンバーグ定食を食べた。とても美味しかった。皆さん、是非レストランAへ寄ってみて下さい」
こんな文でアクセスが得られると思いますか。
これを次のように変えるとどうでしょうか。
「私は今まで色々な店で数々のハンバーグ定食を食べてきましたが、多くの店では、味も希薄で歯ごたえのない練り物のようなハンバーグしか出ませんでした。ところが昨日入ったレストランAのハンバーグ定食は違いました。出てきた瞬間、ジューっと油が鉄板の上を飛び散っているので、作りたてで冷凍物でないことがわかりました。ナイフを入れた瞬間肉汁がジュワー、ふんだんに使ったひき肉と透明なタマネギ、シャキシャキの歯ごたえは時間がたつのも忘れるほどでした。レストランAは残念ながら今月末で閉店になるそうです」
こんなブログを読んだら、レストランAに行ってみたいと思いませんか。ここでは2つのテクニックを使っています。一つはありきたりのハンバーグと差別化するための具体性を出すこと、もう一つは最後の一行で示した、このチャンスを逃すと二度と経験できなくなる、という希少性の訴求です。
ちょっとした知識があるだけで、この程度の文章はスラスラ書けるようになります。

 

 

情報収集を1、実践を4と考える

 

どんなテーマにしても、そのノウハウを書いた書籍は多数あります。これを例えば1時間立ち読みしたとしたら、それをテーマに自分の文章を4時間かけて書きましょう。ちょっとした記事を30分読んだのであればそれについて2時間書く、そんなイメージです。
作業に時間をかけること、つまり吐き出すことが大切なんです。情報収集を全くしなかったら、ひとりよがりの文章になるし、そもそもなかなか書くことができません。また、情報収集のしすぎも問題です。書いて吐き出さないと、自分がどこがわかっていないかを知ることもできません。入れるのと吐き出すのはどちらも重要ですが、時間配分としては吐き出す方に時間をかけましょう。

 

 

わずか半年頑張ればいい

 

ネットビジネスで、たった半年でも頑張って充実したサイトを構築すれば、その後何十年も生活に困ることはなくなります。別に副業であっても、一度構築すれば世間でよく言われている「年金が貰えるかどうか」などのレベルの低い話をしなくて済みます。しかし、かなり謎なのですが、このわずか半年でその後何十年もの生活が劇的に変わるのに多くの人は努力しません。
努力が必要とは言っても、何十年も要求されてるわけではありません。わずか半年や1年程度です。
大学に入学するには小学生から考えて十何年も耐えなければいけません。
スポーツでも同じです。蔭で物凄い努力をしたとしても、県一位になれない人はいくらでもいます。
これに比べ、ネットビジネスでは将来に渡って半永久的に収益が出るのだから私にとって努力しない人が不思議で仕方ありません。
滅茶苦茶割のいいビジネスです。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ