医療統計学:人に教えることを意識する

統計学セミナー

医療統計学:人に教えることを意識する

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

医療統計学:人に教えることを意識する

 

自分がいかに理解しているかどうかの目安として、人に分かりやすく教えられるかどうか、という点があります。

 

長年サラリーマンをしていると、上司に報告をする癖がつくわけですが、私の場合上司が忙しい方だったので、いかに一言でわかりやすく伝えるか、というのを今でもそうですが常に意識しています。そのためには、自分の頭の中が整理されている必要があります。

 

統計学も一緒で、人にわかりやすく伝えられるかどうかで、自分の理解度を確認することができます。

 

たとえば、標準偏差を理解しているかどうかの目安として、標準偏差とは何か?をどう人に説明しますか。

 

これは、教科書に書いてある標準偏差の式を覚えているかどうか、という話ではありません。自由度は1を引くとか引かないとか、そういう話ではないのです。

 

具体的に、標準偏差というものをイメージできるか、ということです。

 

「標準偏差はデータのばらつきである」と答えるかもしれません。これはこれで真実ですが、単にばらつきといっても漠然としています。
もう一歩踏み込んで、こんな風に答えるとどうでしょう。

 

「標準偏差とは、たとえばデータが左右対称にばらばらに集まっているとするとその中心のデータが平均値、そこから左右に広がる約7割のデータの範囲が標準偏差です」

 

こう言えば、ばらつきがより明確にイメージできるのではないでしょうか。7割という数字を盛り込むことにより、より具体的になります。

 

是非「一言でわかりやすく説明する」癖をつけて頂くとよいかと思います。これができるようになれば、何も図を使わなくても口頭でコミュニケーションができるようになるのでとても便利です。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

 


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ