医療統計学:統計で会社や製品への信頼感が増す

統計学セミナー

医療統計学:統計で会社や製品への信頼感が増す

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

統計で会社や製品への信頼感が増す

 

統計では信頼できるデータをもとに、意思決定や問題解決のための情報をつくり出します

 

統計は物事を成功に導く道標

 

統計の原点は、信頼できるデータにあります。

 

なぜかといえば、問題を明確にするには「事実」を明らかにすることが重要だからです。

 

信頼できないデータからは、事実がまちがって認識されてしまいます。そうなると、正しい問題解決などできなくなります。

 

信頼できるデータであれば、安心して統計処理ができます。

 

なぜならば、信頼できるデータからしか事実がわからないからです。

 

事実が明らかになれば、どのように行動したらよいかを解決する基本的な情報をつくり出すことができます。

 

信頼できるデータかどうかは、筆者の経験ではデータを処理し、失敗したり成功したりした長年の経験がものをいいます。

 

経験が、データに対する独特の感を養うのです。

 

信頼できると信じたデータをもとにした統計処理から出てくる問題解決案は、自信をもって提案できます。

 

提案に迫力が出ます。その結果、すばらしい問題解決ができたら、あなたへの周囲からの信頼は、確実に高くなります。

 

このように、統計は問題解決をする助けとなり、最終的には物事を成功に導く道標になります。

 

統計でどのような課題の解決ができるかを知る

 

経営企画、市場調査、商品開発、事業開発、コンサルティング、マーケティングのビジネスは、ことごとく情報が中心の世界です。

 

統計を大きな武器として多用しました。現代のビジネス社会では、統計を使いこなすが要求されるのです。

 

統計を使うと、回答にラジカルな思考が組み立てられる道筋が出てきます。

 

なにか疑問点が出てきたら統計の出番です。データを収集して、統計にかけて考える習慣を身につけることです。

 

現在は、だれでも簡単にパソコンを使って統計処理ができる時代です。

 

要は経験です。気楽に使って、慣れて自分のものにすれば強い味方になります。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ