医療統計学の世界へようこそ

統計学セミナー

医療統計学の世界へようこそ

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

医療統計学の世界へようこそ

 

             

 


ようこそ医療統計学の世界へ。

 

これから皆さんを医療統計学の世界へいざなう船頭役を務めさせて頂こうと思います。

 

             

 

さて、突然ですが、皆さんは日常生活において、ある判断をする局面にせまられることがあるかと思います。

 

例えば、ご自身の血圧をたまたま家の血圧計で測定したら、なんとびっくり、150mmHgもあった。これちょっと高いのでは、医者に行くべきかどうか。

 

             

 

こんなのはたまたまだと一蹴するかもしれませんね。

 

こんなの大したことないと一蹴するべきなのか、あるいはすぐに近所の内科・診療所に行って相談し、降圧薬を処方してもらうべきなのか。

 

このような局面で、皆さんだったらどのような判断をしますか。

 

家の血圧計は、信用できない、あるいは血圧計自体がこわわれている、と考えるかもしれません。

 

たとえばこれをスポーツクラブの血圧計で測っても、やはり148mmHgという高い値であった。

 

2日目に家の血圧計で測定してもやはり152mmHgという高い値であった。

 

3日目も151mmHg

 

スポーツクラブでもう一回測定したらやはり153mmHg

 

2種類の血圧計で、いずれもこんなことを繰り返すと、さすがに診療所で相談しようということになります。

 

             

 

実はこれらは、すべて医療統計学的な判断に基づいているのです。

 

人は1回きりのデータを、偶々だ、と一蹴する癖があります。次のアクションに向かうのが面倒だからです。

 

実際、状況によって150mmHg位になるケースはいくらでもあります。

 

測定器を疑う場合もありますが、複数の測定器で近い結果が出たら、さすがにそうも言えません。

 

また、同じ人でも運動の直後であったり、何か強い感情的なストレスを受けた直後であったりした場合、一過性の血圧上昇はおこりうるわけです。

 

しかし、何度も繰り返された場合には、さすがにこれは放っておいたらまずいんじゃないかと思い、診療所へ行く衝動に駆り立てられます。

 

1回きりは信用しない、何度も起こることは信用する。

 

無意識にこのマインドを私たちは持っているわけです。

 

健康診断でも、1回きりの結果で異常値であったからといって、再診したら実はそうでもなかったということはあります。

 

1回きりのデータは信用できないが、これが複数回(回数は多ければ多いほどよい)であれば信用する、しかも状況は様々なほうがいい(測定器も複数、測定日も様々)

 

この考え方が、医療統計学を考える上での出発点となります。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

 

⇒    医療統計学って何?

 


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ