医療統計学をわかりやすく解説

統計学セミナー

医療統計学的論文の読み方:コホート研究

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

医療統計学的論文の読み方:コホート研究

 


コホート研究は「患者に何が起きるのか」を知るために用いられます。

 

たとえば,コホート研究を用いることにより,急性の背痛の患者が回復するのにどのくらいの期間がかかるかを調べたり,また,消化性潰瘍の自然史を観察したりすることができます。

 

トピックが何であれ,個々人からなるグループを同定し,どんなできごとがそのグループに生じるかを調べるために観察を行ないます。

 

コホート研究は,統制群あるいは比較群を含むこともあります。

 

これらのグループを,ほぼ同じ時点で同定し,およそ同じ期間.追跡調査をします。

 

ただし,統制群をもつことはコホート研究の本質的な特徴ではなく,多くのコホート研究は統制群をもたないことが多いです。

 

コホート研究の本質的な特徴は,時間という要素であり,コホート研究において時間は前向きに経過します。

 

一群の個々人をある時点で同定し,彼らに何が生じるかを確定するために, その後のある時点まで追跡を行ないます。

 

時間の方向はつねに前向きです。

 

個人をある時点で選択し、彼らがそれ以前にどうであったかを知るために過去に向かってさかのぼる研究はコホート研究ではありません。

 

コホート研究とは、一群の患者を同定し.未来に向かって彼らを追跡調査する研究であると思われがちです。

 

しかし、過去のある時点で一群の患者を同定し,現在に向かって彼らを追跡調査するコホート研究もあります。

 

このような研究は,一見時間を逆向きに進んでいるように思われますが.そうではありません。

 

このような研究において,時間は患者が同定された時点から将来へと向かっているのです。

 

コホートという用語は,臨床試験においてもときどき用いられてはいますが,コホート研究を見分けるのに使われるべきです。

 

プロスペクティブ(前向き)、フォローアップ(追跡調査)、そしてアウ卜カム(結果)という用語についても同様です。

 

レ卜ロスぺクティブ(後ろ向きという用語は過去のある一時点で一群の患者を同定するコホート研究に使用できます。ただし,この用語はケースコントロール研究にも使われています。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

 


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。


医療統計学的論文の読み方:コホート研究 関連ページ

医療統計学的論文の読み方:批判的吟味への導入
医療統計学的論文の読み方:なぜ読むかを明確にする
医療統計学的論文の読み方:どんな情報が必要かをしぼっておく
医療統計学的論文の読み方:テーマに関連した文献を見つける
医療統計学的論文の読み方:論文を批判的に吟味する
医療統計学的論文の読み方:そもそも読むべき論文か
医療統計学的論文の読み方:「はじめに」の主な目的
医療統計学的論文の読み方:どのように研究が行なわれたか
医療統計学的論文の読み方:何が分かったのか
医療統計学的論文の読み方:知見の意義は何か
医療統計学的論文の読み方:研究方法を見分ける
医療統計学的論文の読み方:サーベイ(調査研究)
医療統計学的論文の読み方:臨床試験
医療統計学的論文の読み方:ケースコン卜ロール研究
医療統計学的論文の読み方:統計的検定のロジック
医療統計学的論文の読み方:分析の落とし穴
医療統計学的論文の読み方:非独立性
医療統計学的論文の読み方:バイアスと交絡
医療統計学的論文の読み方:チェックリスト
医療統計学的論文の読み方:欠陥の重要性
医療統計学的論文の読み方:最良・最悪・ありえそうなケース
医療統計学的論文の読み方:研究論文について問われるべき問い
医療統計学的論文の読み方:研究論文について問われるべき問い2
医療統計学的論文の読み方:サーベイを批判的に吟味する
医療統計学的論文の読み方:選択バイアスはどのように生じているか
医療統計学的論文の読み方:コホート研究の吟味
医療統計学的論文の読み方:曝露/介入は正確に測定されているか
医療統計学的論文の読み方:臨床試験の吟味
医療統計学的論文の読み方:ケースコントロール研究の本質
医療統計学的論文の読み方:ケースコントロール研究の目的

HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ