医療統計学:データを集める

統計学セミナー

医療統計学:データを集める

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

データを集める

 

             

 

統計で大事なことは、データを集めることです。収集したデータをもとに、様々な分析が行われます。

 

コインを10回投げて、表の出る回数を記録するような場合には、問題はありません。

 

しかし、現実にはこれが意外に難しい場合が多いのです。

 

たとえば、ある発表会のアンケート用紙のいくつかの質問事項に答える際に、セッションの参加人数を記入する欄があったとします。

 

これが難しいのです。

 

なぜなら、セッションが2時間弱で、発表会での発表は1人15分。聴衆は会場に出入り自由。

 

当然、参加者の人数は時刻により変化します。発表内容によっても変化します。

 

ある瞬間は100名くらいだったかもしれませんし、別の時刻には50名だったかもしれません。

 

最大の100名と最小の50名の平均を取って「75名」と記入するのがよいのか。

 

ていねいに「50〜100名」と書くのがよいのか。

 

ほとんど60名くらいだったので「60名」とするのがよいのか、考え出すときりがありません。

 

このように、参加人数のデータを記述するという、一見簡単そうなことでも実は難しく、大きな落とし穴があることに注意しなければなりません。

 

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ