医療統計学:いろいろな事象

統計学セミナー

医療統計学:いろいろな事象

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

いろいろな事象

 

             

 

標本空間の部分集合、つまり「事象」の関係について考えてみます。

 

以下、サイコロを1回投げる例、つまり標本空間が、

 

Ω={1、2、3、4、5、6}

 

の場合について説明してみます。

 

事象Aと事象Bのうち少なくとも1つが起こるという事象は、事象Aと事象Bの「和事象」といい、A∪Bで表し、「エー・カップ・ビー」と読みます。例えば、

 

A=奇数の目が出る事象={1、3、5}
B=2以下の目が出る事象={1、2}

 

なら、AとBの和事象、A∪Bは以下になります。

 

A∪B={1、2、3、5}

 

事象Aと事象Bが同時に起こるという事象は、事象Aと事象Bの「積事象」といい、A∩Bで表し「エー・キャップ・ビー」と読みます。

 

例えば、上と同じA={1、3、5}、B={1、2}のとき、

 

A∩B={1}

 

となります。

 

また、事象Aが起こらないという事象をAの「余事象」といい、Aバーとします。

 

例えば、A={1、3、5}の場合、

 

Aバー={2、4、6} (=偶数の目が出る事象)

 

となります。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ