医療統計学:データから見えること

統計学セミナー

医療統計学:データから見えること

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

データから見えること

 

             

 

データの代表値として、「平均」「メディアン」「モード」があります。

 

また、データのばらつきを表すものとして、「レンジ」「分散」「標準偏差」があります。

 

例えば、スポーツ選手の身長の冠するデータを見てみると、

 

平均 181.17      メディアン 181      モード 180

 

3つの値がかなり近いことがわかります。

 

ということは、単峰型でしかも左右対称に近いことがわかります。

 

生データが以下とすると、

 

181     180     187     188     186     175     176     169     194

 

差のレンジは25、分散は22、標準偏差は5となります。

 

このように、実際のデータを扱ってみると、統計に興味が出てくるかと思います。

 

最近は色々な統計のコンピュータ・ソフトが出ているので、それを使うと大量のデータでも(入力するのは大変な場合がありますが)平均、標準偏差などの値を一瞬のうちに計算してくれるので助かります。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ