医療統計学:平均的な日本人

統計学セミナー

医療統計学:平均的な日本人

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

平均的な日本人

 

             

 

中学生の校内暴力などの事件が起こると、その「キレた」生徒は実は普段は目立たない「普通」の中学生だったというような記事があります。

 

では逆に、「普通」の中学生とは、どのような生徒なのでしょうか。考え始めると、だんだんはっきりしなくなります。

 

総務庁統計局や労働省から、日本人に関するいろいろな平均値が発表されています。

 

日本の平均的なサラリーマンの姿は、「7時間32分」の睡眠の後、「1時間」かけて通勤し、月に「155.9時間」働きます。そのうち「9.6時間」は残業。

 

帰宅してから「34分」を趣味に費やし、「2時間12分」テレビを見たり、新聞を読んだり。30代の男性は「28分」家事をしますが、40歳代では「20分」だけ。夏には8.5日の連続休暇をとり、1ヶ月の収入は「36万6465円」・・・・。

 

さて、これで日本人の平均的なサラリーマン像が浮かび上がるのでしょうか。このような平均値の寄せ集めから、一体何が見えてくるのでしょうか。

 

上記のような行動をとるサラリーマンが多いのだと言い切っていいのでしょうか。

 

結論から先に言えば、極端な話これだけでは、ほとんど何も言っていないのに等しいわけです。

 

例えば、「平均値」といっても何種類も存在し、データの種類に応じて使わないと、とんでもないことになります。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ