医療統計学:平均の求め方

統計学セミナー

医療統計学:平均の求め方

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

平均の求め方

 

では具体的なデータの「平均」を求めてみましょう。

 

最近は起業家ブームで、学生もコンピューター関連の会社などをどんどん作る時勢となりました。

 

小さな会社とはいえ、金回りのよさそうな学生がここ最近少しずつではありますが増えつつあります。

 

さて、「平均」について話を戻しましょう。

 

ここに社長も含め社員6名の創業間もない小さな会社が5つあるとしましょう。

 

話を簡単にするために、5社とも毎月の純益は180万円。しかもその180万円を6名の社員の月給に分配します。

 

しかし、分配方法は5社とも違って、以下のようになっています。

 

             

 

社員一人の月給の平均を求めると、5社とも全て同じで、180/6=30(万円)になります。

 

しかし、この平均だけでは5社のそれぞれの特徴が全くわかりません。

 

したがって、会社の特徴を表現するには、平均とは別の要約統計量が必要ということになります。

 

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ