医療統計学:起こる結果を集める

統計学セミナー

医療統計学:起こる結果を集める

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

起こる結果を集める

 

             

 

では確率について考えてみましょう。

 

コインを1回投げたとき、結果は、表か裏しかありません。

 

縁を使ってコインが立つなんてことは考えないこととします。

 

このような起こりうる個々の結果を「標本点」といい、その全体の集合を「標本空間」といいます。

 

ふつう、標本空間はΩ(オメガの大文字)の記号で表されます。

 

上のコインを1回投げたときの例だと、標本空間は、

 

Ω={表、裏}

 

となります。標本点は、もちろん、表や裏です。

 

サイコロを1回投げたときは、標本空間は、

 

Ω={1、2、3、4、5、6}

 

となります。この場合、標本点は、1〜6の6点となります。

 

次に、標本空間に含まれる集合(部分集合)は、「事象」と呼ばれます。

 

言い換えれば、事象とは、起こりうることがらのことです。

 

コインを1回投げる例では、標本空間は、Ω={表、裏}。このちき、その部分集合である事象は以下の4種類存在します。

 

φ、{表}、{裏}、{表、裏}

 

最初に出てくるφは「ファイ」と読み、標本店を1つも含まず決して起こらない結果の事象のことです。

 

したがって、この事象は「空事象」とも呼ばれます。

 

また、最後の{表、裏}は標本空間Ωに一致していて、特に「全事象」と呼ばれます。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ