統計学と医療経済学:公共サービス

統計学セミナー

統計学と医療経済学:公共サービス

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

公共サービス

 

公共サービスとは、社会にとって必要不可欠ですが、「非競合性」または「非排除性」によりマーケットでは供給が不足するため、国など(国、都道府県、市区町村など)が供給するサービスです。

 

国防や外交が代表例です。

 

「非競合性」とは、利用者が増えても追加的な費用が発生しないという性質です。

 

「非排除性」とは、対価を支払わない者を排除できないという性質です。

 

なぜマーケットでは供給が不足するかというと、「フリーライダー」(ただ乗りをする者)がどうしても出てくるからです。

 

「フリーライダー」とは、サービスの性質から、誰がどれだけ利用して、費用を負担すべきか特定できない場合、できるだけ、ただでサービスを利用しようとする者です。

 

そういう意味では、医療サービスそのものは「公共サービス」ではありません。利用者が増えれば費用も増えますし、物理的には、対価を支払わない患者を排除できます。

 

しかし、医療費が支払えずに、診療を受けられない人を放置してよいのかという問題があります。

 

それは社会不安にもつながります。

 

社会不安を払拭するためには、社会保障としての「医療サービス」が必要になってきます。

 

医療費が支払えない人への対応は、国によって制度が異なります。

 

もし、国や国民が「放置すべきではない」と判断するならば、医療費が支払えない人にも医療サービスが供給されるようにして、国民全体が社会不安解消というメリットを受ける見返りに、その費用を負担することになります。

 

本来、このようなサービスの需給もマーケットで行われるべきですが、マーケットでは、「非競合性」または「非排除性」のために「フリーライダー」が出てきて、供給が不足します。

 

そのため、国が関与して供給不足を補います。

 

これが、「公共サービス」(社会保障、セーフティーネット)としての医療サービスです。

 

日本では、「国民皆保険・フリーアクセス」などの制度が導入されているので、概して、医療サービスは公共サービスとしての面が強いといえます。

 

もちろん、窓口での患者の自己負担もありますので、完全な「公共サービス」ではありません。

 

ちなみに、公衆衛生は、もとより「公共サービス」として位置づけられます。

 

公衆衛生には、強制的に医療を受けさせる制度があります。

 

たとえば、新型インフルエンザの場合などでは、強制的に隔離、診療を受けさせることがあります。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

 

⇒    生産要素の完全補完性

 


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。


統計学と医療経済学:公共サービス 関連ページ

統計学と医療経済学:医療経済学とお金
統計学と医療経済学:医療経済学の意義
統計学と医療経済学:共通言語としての医療経済学
統計学と医療経済学:最大多数に最高の医療
統計学と医療経済学:セカンドベスト
統計学と医療経済学:医療サービスの本質
統計学と医療経済学:情報の非対称性
統計学と医療経済学:医療の価格と質
統計学と医療経済学:独立財
統計学と医療経済学:需要の自然発生性
統計学と医療経済学:所得非弾力性
統計学と医療経済学:価格非弾力性
統計学と医療経済学:費用逓減産業
統計学と医療経済学:生産要素の完全補完性
統計学と医療経済学:医師の優先性
統計学と医療経済学:不確実性
統計学と医療経済学:マーケットの地域性
統計学と医療経済学:医療経済の自律性
統計学と医療経済学:医療制度の独自性
統計学と医療経済学:需要面の性格
統計学と医療経済学:供給面の性格1
統計学と医療経済学:供給面の性格2
統計学と医療経済学:供給面の性格3
統計学と医療経済学:供給面の性格4
統計学と医療経済学:供給面の性格5
統計学と医療経済学:マーケットとは
統計学と医療経済学:マーケットにおける競争
統計学と医療経済学:マーケットの価格競争
統計学と医療経済学:医療マーケットでの競争
統計学と医療経済学:需要曲線と供給曲線
統計学と医療経済学:価格による需要調整機能
統計学と医療経済学:価格の決定
統計学と医療経済学:医療の需要供給曲線
統計学と医療経済学:医療の価格の決定
統計学と医療経済学:需要供給曲線のシフト1
統計学と医療経済学:需要供給曲線のシフト2
統計学と医療経済学:医療における曲線のシフト
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬1
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬2
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬3
統計学と医療経済学:個人の行動
統計学と医療経済学:限界代替率
統計学と医療経済学:満足度を決める要因
統計学と医療経済学:患者の行動
統計学と医療経済学:満足度の最大化の条件
統計学と医療経済学:医療サービスの不確実性
統計学と医療経済学:満足度を決める要因
統計学と医療経済学:完全補完のケース
統計学と医療経済学:患者は治療法を選べない
統計学と医療経済学:所得・価格の変化
統計学と医療経済学:医療の需要曲線
統計学と医療経済学:病院はどう行動するか
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動1
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動2
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動3
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動4
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動1
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動2
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動3
統計学と医療経済学:予算・価格の変化
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動1
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動2
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動3
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動4
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動5
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動6
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動7
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動8
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動1
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動2
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動3
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動4
統計学と医療経済学:企業の結合生産1
統計学と医療経済学:企業の結合生産2
統計学と医療経済学:企業の結合生産3
統計学と医療経済学:企業の結合生産4
統計学と医療経済学:病院の結合生産1
統計学と医療経済学:病院の結合生産2
統計学と医療経済学:病院の結合生産3
統計学と医療経済学:病院の結合生産4
統計学と医療経済学:病院の結合生産5
統計学と医療経済学:医療の地域圏
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件1
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件2
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件3
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件1
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件2
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件3
統計学と医療経済学:医療サービス以外との消費配分
統計学と医療経済学:医療サービス以外との生産配分
統計学と医療経済学:完全競争
統計学と医療経済学:機能分化と地域連携
統計学と医療経済学:生産要素における前提
統計学と医療経済学:比較優位1
統計学と医療経済学:比較優位2
統計学と医療経済学:地域圏における病院の競争
統計学と医療経済学:なぜ寡占が生じるのか
統計学と医療経済学:競争的寡占
統計学と医療経済学:数量操作
統計学と医療経済学:非価格競争
統計学と医療経済学:協調的寡占
統計学と医療経済学:参入阻止価格
統計学と医療経済学:独占的競争
統計学と医療経済学:企業の合併・買収
統計学と医療経済学:不完全競争と市場の失敗
統計学と医療経済学:不完全競争1
統計学と医療経済学:不完全競争2
統計学と医療経済学:不完全競争3
統計学と医療経済学:マーケットの失敗

HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ