統計学と医療経済学:患者の行動

統計学セミナー

統計学と医療経済学:患者の行動

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

患者の行動

 

患者も、マーケットにおいて、自らの満足度(効用)を最大にするために自由に行動します。

 

いま、「医療サービス」と「医療サービス以外のサービス」がマーケットにあると想定します。

 

医療サービスも、消費(受診・受療)量が増えていくほど、追加1単位によって新たに得られる効用(限界効用)はだんだん低下してくるとします。

 

それでは、「医療サービス」と「医療サービス以外のサービス」が目の前にあって、嗜好に応じて、どちらを選んでもよいとします。

 

みなさんでしたら、どのような組み合わせで選ぶでしょうか。

 

ここで、同じ満足度を得られる組み合わせを考えてみます。

 

医療サービスには、「独立財」「需要の価格・所得非弾力性」という性質があります。

 

医療サービスは、他の、どの商品・サービスによっても代替・補完されるサービスではなく、代替効果はありません。

 

医療サービスを減らし、医療サービス以外のサービスを増やしても、同じ満足度を得ることはできません。

 

また、医療サービスの需要(受診・受療)量は基本的に価格(診療報酬)や所得の影響も受けません。

 

一方、医療サービス以外のサービスについては、代替効果はなくても所得効果はあります。

 

需要の所得非弾力性もあります。

 

そのため、所得や価格(所得効果)から影響を受けます。

 

同じ満足度の医療サービスと、医療サービス以外のサービスとの組み合わせは一つしかありません。

 

可能性としては、医療サービスの水準も複数あり、原点から遠ければ遠いほど満足度は高いといえます。

 

また、医療サービスと医療サービス以外のサービスには、限界代替率がありません。

 

しかし、実際には、医療サービスには「需要量の自然発生性」という性質があります。

 

病気は個人の嗜好に関係なく自然発生し(需要の発生)、病気になったら基本的に、嗜好に関係なく診療を受けますので、需要量は自然発生的に決まることになります。

 

一般の商品・サービスの場合は、個人(消費者)は、マーケットにおいて、自らの満足度を最大にするために自由に行動し、価格や所得に応じて個人の嗜好により適合した商品・サービスを選び、消費量を決めます。

 

しかし、医療サービスの総量は、患者は、選ぶことができないばかりか、消費量も自ら決めることができません。

 

基本的に、病気の発生率によってすべてが決められます。

 

一般の商品・サービスの場合は、商品・サービスを取引するマーケットでは、個人は「選ぶ側」、企業は「選ばれる側」にありますが、医療サービスの総量については、患者は「選ぶ側」、病院は「選ばれる側」ではありません。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

 

⇒    満足度の最大化の条件

 


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。


統計学と医療経済学:患者の行動 関連ページ

統計学と医療経済学:医療経済学とお金
統計学と医療経済学:医療経済学の意義
統計学と医療経済学:共通言語としての医療経済学
統計学と医療経済学:最大多数に最高の医療
統計学と医療経済学:セカンドベスト
統計学と医療経済学:医療サービスの本質
統計学と医療経済学:情報の非対称性
統計学と医療経済学:医療の価格と質
統計学と医療経済学:独立財
統計学と医療経済学:需要の自然発生性
統計学と医療経済学:所得非弾力性
統計学と医療経済学:価格非弾力性
統計学と医療経済学:費用逓減産業
統計学と医療経済学:公共サービス
統計学と医療経済学:生産要素の完全補完性
統計学と医療経済学:医師の優先性
統計学と医療経済学:不確実性
統計学と医療経済学:マーケットの地域性
統計学と医療経済学:医療経済の自律性
統計学と医療経済学:医療制度の独自性
統計学と医療経済学:需要面の性格
統計学と医療経済学:供給面の性格1
統計学と医療経済学:供給面の性格2
統計学と医療経済学:供給面の性格3
統計学と医療経済学:供給面の性格4
統計学と医療経済学:供給面の性格5
統計学と医療経済学:マーケットとは
統計学と医療経済学:マーケットにおける競争
統計学と医療経済学:マーケットの価格競争
統計学と医療経済学:医療マーケットでの競争
統計学と医療経済学:需要曲線と供給曲線
統計学と医療経済学:価格による需要調整機能
統計学と医療経済学:価格の決定
統計学と医療経済学:医療の需要供給曲線
統計学と医療経済学:医療の価格の決定
統計学と医療経済学:需要供給曲線のシフト1
統計学と医療経済学:需要供給曲線のシフト2
統計学と医療経済学:医療における曲線のシフト
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬1
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬2
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬3
統計学と医療経済学:個人の行動
統計学と医療経済学:限界代替率
統計学と医療経済学:満足度を決める要因
統計学と医療経済学:満足度の最大化の条件
統計学と医療経済学:医療サービスの不確実性
統計学と医療経済学:満足度を決める要因
統計学と医療経済学:完全補完のケース
統計学と医療経済学:患者は治療法を選べない
統計学と医療経済学:所得・価格の変化
統計学と医療経済学:医療の需要曲線
統計学と医療経済学:病院はどう行動するか
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動1
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動2
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動3
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動4
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動1
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動2
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動3
統計学と医療経済学:予算・価格の変化
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動1
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動2
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動3
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動4
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動5
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動6
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動7
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動8
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動1
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動2
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動3
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動4
統計学と医療経済学:企業の結合生産1
統計学と医療経済学:企業の結合生産2
統計学と医療経済学:企業の結合生産3
統計学と医療経済学:企業の結合生産4
統計学と医療経済学:病院の結合生産1
統計学と医療経済学:病院の結合生産2
統計学と医療経済学:病院の結合生産3
統計学と医療経済学:病院の結合生産4
統計学と医療経済学:病院の結合生産5
統計学と医療経済学:医療の地域圏
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件1
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件2
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件3
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件1
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件2
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件3
統計学と医療経済学:医療サービス以外との消費配分
統計学と医療経済学:医療サービス以外との生産配分
統計学と医療経済学:完全競争
統計学と医療経済学:機能分化と地域連携
統計学と医療経済学:生産要素における前提
統計学と医療経済学:比較優位1
統計学と医療経済学:比較優位2
統計学と医療経済学:地域圏における病院の競争
統計学と医療経済学:なぜ寡占が生じるのか
統計学と医療経済学:競争的寡占
統計学と医療経済学:数量操作
統計学と医療経済学:非価格競争
統計学と医療経済学:協調的寡占
統計学と医療経済学:参入阻止価格
統計学と医療経済学:独占的競争
統計学と医療経済学:企業の合併・買収
統計学と医療経済学:不完全競争と市場の失敗
統計学と医療経済学:不完全競争1
統計学と医療経済学:不完全競争2
統計学と医療経済学:不完全競争3
統計学と医療経済学:マーケットの失敗

HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ