統計学と医療経済学:不確実性

統計学セミナー

統計学と医療経済学:不確実性

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

不確実性

 

不確実性とは、ある事柄が起こるかどうかわからない、必ず起こるとしてもいつ起こるかわからないということです。

 

ただし、ある事柄は、ある確率で発生するとします。

 

マーケットに不確実性があるときは、個人は「期待効用」を最大にするよう行動します。

 

期待効用とは、マーケットに不確実性が存在し、それぞれの事柄がそれぞれの確率で発生しているときの、それぞれの効用の期待値(加重平均)です。

 

医療サービスは「不確実性」をともなう商品・サービスです。患者は「期待効用」を最大にするように行動します。

 

医療の「不確実性」には次のふたつがあります。

 

@需要の発生の不確実性

 

Aアウトカムの不確実性

 

<需要の発生の不確実性>

 

個人の嗜好はもとより、価格・所得に関係なしに、医療サービスの需要は自然発生し、その需要量は自然発生的に決められます。

 

具体的な医療サービス(治療法など)の選択と異なり、ここには選択の余地はありません。

 

そのため、病気になるかならないかの「不確実性」は、医療サービスの需要量の発生の「不確実性」と同じになります。

 

一方、医療サービスの需要量は、病気の発生による損失、所得の減少として表現できます。

 

そこで、病気になるかならないかの「不確実性」を考慮した所得に対する「期待効用」は次のようになります。アウトカムは一定とします。

 

期待効用=(ある病気になる確率)×(病気になったときの所得の効用)+(ある病気にならない確率)×(病気にならないときの所得の効用)

 

しかし、保険をかけることで、その「期待効用」を増やすことができます。

 

そのようなことができるのは、所得という「お金」に対する「期待効用」だからです。

 

<アウトカムの不確実性>

 

それぞれの治療のアウトカムやリスクは、ある確率で発生します。

 

それぞれの治療法のアウトカムやリスクにも「不確実性」があるということです。

 

ここで、たとえば、治療法Mの「期待効用」は、アウトカム・リスク(成功・失敗)の「不確実性」によって次のようになります。

 

期待効用=(成功する確率)×(成功したときの効用)+(失敗する確率)×(失敗したときの効用)

 

具体的な医療サービス、それぞれの治療法については選択の余地がありますので、患者にとっての効果(適合性)に応じて「期待効用」を最大にするように、治療法を選択し、受療量も決定すると考えられます。

 

そのような選択・決定にあたっては、患者の所得や治療法の費用(価格)も考慮します(完全補完の場合は別です)。

 

それぞれの治療法の需要量も所得の減少として表現できますが、アウトカム・リスクによって「期待効用」が比較的大きく変化するため、あまり意味がないかもしれません。

 

たとえば、「お金」があっても、死んでしまっては無意味かもしれません。一方、意味があるとすれば、保険で「期待効用」を増やすことができます。

 

また、医療サービスが公共サービスとしての面が強ければ強いほど、つまり受益者負担(患者の自己負担)が少なければ少ないほど、患者の所得や治療法の価格は、以上のような選択・決定の要素とはならないでしょう。

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

 

⇒    マーケットの地域性

 


医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。


統計学と医療経済学:不確実性 関連ページ

統計学と医療経済学:医療経済学とお金
統計学と医療経済学:医療経済学の意義
統計学と医療経済学:共通言語としての医療経済学
統計学と医療経済学:最大多数に最高の医療
統計学と医療経済学:セカンドベスト
統計学と医療経済学:医療サービスの本質
統計学と医療経済学:情報の非対称性
統計学と医療経済学:医療の価格と質
統計学と医療経済学:独立財
統計学と医療経済学:需要の自然発生性
統計学と医療経済学:所得非弾力性
統計学と医療経済学:価格非弾力性
統計学と医療経済学:費用逓減産業
統計学と医療経済学:公共サービス
統計学と医療経済学:生産要素の完全補完性
統計学と医療経済学:医師の優先性
統計学と医療経済学:マーケットの地域性
統計学と医療経済学:医療経済の自律性
統計学と医療経済学:医療制度の独自性
統計学と医療経済学:需要面の性格
統計学と医療経済学:供給面の性格1
統計学と医療経済学:供給面の性格2
統計学と医療経済学:供給面の性格3
統計学と医療経済学:供給面の性格4
統計学と医療経済学:供給面の性格5
統計学と医療経済学:マーケットとは
統計学と医療経済学:マーケットにおける競争
統計学と医療経済学:マーケットの価格競争
統計学と医療経済学:医療マーケットでの競争
統計学と医療経済学:需要曲線と供給曲線
統計学と医療経済学:価格による需要調整機能
統計学と医療経済学:価格の決定
統計学と医療経済学:医療の需要供給曲線
統計学と医療経済学:医療の価格の決定
統計学と医療経済学:需要供給曲線のシフト1
統計学と医療経済学:需要供給曲線のシフト2
統計学と医療経済学:医療における曲線のシフト
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬1
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬2
統計学と医療経済学:国が決める診療報酬3
統計学と医療経済学:個人の行動
統計学と医療経済学:限界代替率
統計学と医療経済学:満足度を決める要因
統計学と医療経済学:患者の行動
統計学と医療経済学:満足度の最大化の条件
統計学と医療経済学:医療サービスの不確実性
統計学と医療経済学:満足度を決める要因
統計学と医療経済学:完全補完のケース
統計学と医療経済学:患者は治療法を選べない
統計学と医療経済学:所得・価格の変化
統計学と医療経済学:医療の需要曲線
統計学と医療経済学:病院はどう行動するか
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動1
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動2
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動3
統計学と医療経済学:企業のインプットの行動4
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動1
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動2
統計学と医療経済学:病院のインプットの行動3
統計学と医療経済学:予算・価格の変化
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動1
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動2
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動3
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動4
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動5
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動6
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動7
統計学と医療経済学:企業のアウトプットの行動8
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動1
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動2
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動3
統計学と医療経済学:病院のアウトプットの行動4
統計学と医療経済学:企業の結合生産1
統計学と医療経済学:企業の結合生産2
統計学と医療経済学:企業の結合生産3
統計学と医療経済学:企業の結合生産4
統計学と医療経済学:病院の結合生産1
統計学と医療経済学:病院の結合生産2
統計学と医療経済学:病院の結合生産3
統計学と医療経済学:病院の結合生産4
統計学と医療経済学:病院の結合生産5
統計学と医療経済学:医療の地域圏
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件1
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件2
統計学と医療経済学:資源の最適な配分の条件3
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件1
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件2
統計学と医療経済学:医療資源の最適な配分の条件3
統計学と医療経済学:医療サービス以外との消費配分
統計学と医療経済学:医療サービス以外との生産配分
統計学と医療経済学:完全競争
統計学と医療経済学:機能分化と地域連携
統計学と医療経済学:生産要素における前提
統計学と医療経済学:比較優位1
統計学と医療経済学:比較優位2
統計学と医療経済学:地域圏における病院の競争
統計学と医療経済学:なぜ寡占が生じるのか
統計学と医療経済学:競争的寡占
統計学と医療経済学:数量操作
統計学と医療経済学:非価格競争
統計学と医療経済学:協調的寡占
統計学と医療経済学:参入阻止価格
統計学と医療経済学:独占的競争
統計学と医療経済学:企業の合併・買収
統計学と医療経済学:不完全競争と市場の失敗
統計学と医療経済学:不完全競争1
統計学と医療経済学:不完全競争2
統計学と医療経済学:不完全競争3
統計学と医療経済学:マーケットの失敗

HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ