医療統計学:高速道路

統計学セミナー

医療統計学:高速道路

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

高速道路

 

             

 

車で高速道路を走っているとき、空腹で食事をしたくなったり、トイレに行きたくなったりして、次のサービスエリアまであと何分で到着するかが気になることがあります。

 

それを知る手がかりは、もちろん車の速度とサービスエリアまでの距離です。しかし、速度をもとにした計算はピンときませんし、おおまかな数字がつかみにくいものです。

 

これには理由があります。

 

普通、数は「10進法」を基本に考えるものです。

 

ところがこれが時間になると、「60進法」がからんできます。

 

60進法は10進法より複雑に感じてしまうため、どうしても混乱しがちになるのです。

 

たとえば、高速道路を時速120kmで走っているとします。次のサービスエリアまで「あと48km」の表示が出ていたら、およそ何分かかるでしょうか。

 

この場合、基本になるのは「時速60kmで走っていると、1km走るのに1分かかる」ということです。

 

これさえ覚えておけば、時間と距離の計算が簡単にできるようになります。

 

この基本を応用すると、時速が120kmなら、1km走るのに30秒ですむということです。2kmなら1分です。

 

つまり、48kmの距離を走るには24分が必要だということになります。

 

さらにおおまかな目安として、「高速道路の場合、時速80〜100kmであれば、距離を分にかえて、それより少なめ」「一般道の場合、時速30kmであれば、距離のおよそ2倍」の時間がかかると覚えておくと便利です。

 

⇒    元号を西暦に直す

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ