医療統計学:円グラフと棒グラフ

統計学セミナー

医療統計学:円グラフと棒グラフ

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

円グラフと棒グラフ

 

             

 

売上高の増減や生産量の推移などをみるときに欠かせないのがグラフです。

 

棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフのほかにもさまざまなグラフがあります。

 

作成自体はソフトを使えば簡単にできますが、いざ書類にグラフを入れ込もうとして、果たしてどのグラフを選べばいいのか迷ってしまうことはないでしょうか。

 

もちろん、どんなデータにもそれを相手に伝えやすくする適切なグラフというものがあります。

 

選び方にはいくつかポイントがあるので覚えておくとよいでしょう。

 

たとえば、あるデータの中における構成比を表したい場合は、「円グラフ」を選ぶとよいわけです。

 

基本的にデータの合計が100%になるのが条件です。

 

また、複数のデータの大小を見せたいときは「棒グラフ」を、そこに時系列や比較といった要素が加わるのであれば、「折れ線グラフ」がよりわかりやすいです。

 

また、複数のデータの相関関係を示したいときには、縦軸と横軸に2つの異なる量をきざみ、それぞれが当てはまるところでプロッティングをした「散布図」がぴったりです。

 

せっかく用意したデータも、効果的に活かせなければ意味がありません。

 

他人に渡す資料などを作るときは、選択ミスをしないように気をつけましょう。

 

⇒    割合の計算

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ