医療統計学:平均年齢

統計学セミナー

医療統計学:平均年齢

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

平均年齢

 

             

 

「今回の日本代表の平均年齢は・・・・」などとチームや組織の年齢が話題になることはよくあります。

 

そもそも日本人の平均年齢というのはどれくらいなのでしょうか。

 

世界各国の平均年齢は、実はスパイ映画などによく登場するCIA(米国中央情報局)によるデータが公表されています。

 

このデータによると、日本の平均年齢は46.1歳。お隣の韓国は40.2歳、アメリカは37.6歳、さらに世界全体の平均では約29歳くらいだといいます。

 

日本がいかに高齢化しているかが如実に表れた数字ですね。

 

ちなみに、2010年のサッカーワールドカップ南アフリカ大会に出場したサッカー日本代表23人の平均年齢は27.8歳だった。

 

この数字は日本がワールドカップんい出場するたびに高くなっていたことから、こんなところにも日本人の高齢化が表れているなどとささやかれていましたが、2014年のブラジル大会は26.8歳とやや若返っています。

 

なお、南アフリカ大会で優勝したスペイン代表の平均年齢は25.9歳でした。

 

⇒    摂氏と華氏

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ