医療統計学:割合の計算

統計学セミナー

医療統計学:割合の計算

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

割合の計算

 

             

 

割合にまつわる公式は全部で3つあります。

 

@割合=比べる量÷もとにする量

 

A比べる量=もとにする量×割合

 

Bもとにする量=比べる量÷割合

 

しかし、「比べる量」や「もとにする量」といった表現がイメージしづらく、話をややこしくさせています。

 

これが理由で、どうも割合の計算は苦手だという人もいるはずです。

 

しかし、実は誰でも気がづかないうちに日常生活で似たような計算を行っているのです。

 

たとえば、「300万円を年利1.1%で運用すると1年後にはいくらになるか」というような資産運用のシミュレーションはごく一般的です。

 

これを計算するとき「300万円×1.1%」は「もとにする量×割合」になります。

 

そうすると、この式で求められる「比べる量」は「利息」ということになります。

 

こうして身近な例で考えれば、割合の公式はもっと簡単に理解できるのではないでしょうか。

 

⇒    田の字の計算術

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ