医療統計学:地図の縮尺

統計学セミナー

医療統計学:地図の縮尺

 

                    医療統計学、医療経済学、数学のつぼをたとえ話でわかりやすく解説

 

                    運営者の20年以上にわたる医療統計学のノウハウを満載

 

地図の縮尺

 

             

 

初めての場所を訪れる際、地図を頼りにすることがしばしばあります。

 

とはいっても、地図は実物大のサイズで描かれているわけではありません。

 

大きなサイズのものを一定の規則にしたがって縮小するというのは、「相似」の考え方を応用しているわけです。

 

地図の縮尺にもこの相似が活かされています。

 

たとえば、縮尺が10万分の1に定められている地図の場合は、実寸の10万分の1で描かれています。

 

2kmの道は、「2km÷10万」となり、それをcmに換算すると地図上では「2cm」となります。

 

また逆に、20万分の1の縮尺の地図上で3.3cmの距離があれば、実際の距離は「3.3cm×20万」で6.6kmになります。

 

ちなみに、江戸時代に日本で初めて実測によって描かれた伊能忠敬の日本地図には「小図」「中図」「大図」という3種類がありました。

 

そのうち214枚の地図からなる大図は、およそ3万6000分の1の縮尺で日本の国土が細かく描かれています。

 

⇒    多角形の対角線の数

 

もっと勉強したい方は⇒統計学入門セミナー

 

統計学セミナー

医療統計学は、自己学習ではどうしても時間がかかってしまい効率悪くなりがちです。本セミナー受講により、医療統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、医療統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。



HOME プロフィール 統計セミナー 出張相談サービス お問い合わせ